2016年の国内パソコン出荷台数は単体のデスクトップ型が増えました

 (一社)電子情報技術産業協会のまとめによると、2016年4月~2017年2月のパソコン出荷台数で、オールインワンデスクトップが91.5%の減少に対して、単体デスクトップが109.0%の増加となりました。一方ノート型は100.1%の横ばいとなりました。
 大型ディスプレイが選べる単体デスクトップが見直されているようです。

コメントは受け付けていません。