RAID1ミラーリングとは

RAID1ミラーリングの仕組み
 
RAID1ミラーリングとは、図のように、2台のHDDを連結して同時に書き込みをする技術です。2台のHDDには同一のデータが書き込まれ、あたかも1台のように動作します。
どちらか1台のHDDが故障しても、残る1台はそのまま動作を継続します。
故障したHDDを交換し、再構築して使用することができます
そのため、お客様のデータを常にコピーしながら、パソコンを使い続けることができます。
 

RAID1ミラーリングのメリット

 RAID1ミラーリング対応型パソコンを利用するメリットは、
・ハードディスクが壊れた時のデータ復旧が、早く確実で、簡単
・手動バックアップや専用ソフトウェア導入の手間が一切不要

という点です。
 
故障時の復旧が簡単
 通常、ハードディスクの故障によるデータの復旧には、大変な手間と費用を要します。深刻な故障の場合、データの復旧に10万円以上を要することも珍しくありません。
 その点、RAID1ミラーリング対応型パソコンの場合、2つのハードディスクへ、常に、同時にデータが保存されるため、データの復旧は片方のハードディスクを交換するだけで終了します。そのため、 修理期間を短く、修理費用を安く済ませることが可能です。
 
PC購入後の手間が不要
 また、RAID1ミラーリング対応型パソコンであれば、購入後のデータバックアップの心配は一切不要です。
 通常のパソコンで手動バックアップ、専用ソフトウェアによるバックアップを行う場合、いずれも定期的にデータを整理し、保存する手間がかかります。
 一方、SSD搭載ミラーリングパソコン「ベルポート」なら、購入後、データバックアップの手間を考えることなく、安心して使用いただけます。
  シンプルで簡単なデータバックアップの方法をお求めの方には、SSD搭載ミラーリングパソコン「ベルポート」がお勧めです。
 

RAID1ミラーリングの注意点

 RAID1ミラーリングはデータバックアップに大変役立つ一方、デメリットも存在します。
 RAID1ミラーリングの欠点を理解した上、そのメリットが最大限活かされるよう、使用方法に注意していただければと思います。
 
データの誤削除には対応できない
 RAID1ミラーリングは、全く同じデータを、同時に保存する技術です。
 「全く同じデータ」を保存するということは、
・誤ってデータを消すと、もう一方のデータも同時に消える
・誤ってデータを上書きすると、もう一方のデータも同時に上書きされる
ということです。
  RAID1ミラーリングは、あくまでハードディスクの故障に備えるものであるため、データの削除や上書きに備えるためには、定期的にファイルをコピーする等、別の対策をとる必要があります。
 
故障リスクは2倍になる
 RAID1ミラーリング技術を用いると、ハードディスクを2台搭載することになります。ハードディスクが2台になるということは、単純に、故障の確率は2倍になります。
 片方のディスクが壊れた状態では、せっかくのミラーリング機能が活用できない訳ですから、 常に両方のハードディスクが正常に作動するよう、メンテナンスに気を配る必要があります。
 他方で、 片方のハードディスクが壊れる時がハードディスクの交換のタイミングとなるため、メンテナンスの時期は大変わかりやすくなります
SSD搭載ミラーリングパソコン「ベルポート」
 
SSD搭載ミラーリングパソコン「ベルポート」NASとの違い
 

コメントは受け付けていません。