SSDとは

 
SSDとは?
HDDとSSDの違い
内蔵ハードディスク(HDD)と同じように機能する、高機能データ記憶装置としてSSD(ソリッド・ステート・ドライブ)があります。
HDDが、CD-ROMのように金属製の円盤に磁気ヘッドでデータを読み書きするのに対し、
SSDは、USBメモリーのように、内臓しているメモリーチップにデータを読み書きすることとなります。
 それゆえ、SSDは
・HDDよりも高速で動作する
・駆動部分がないため、カタカタという動作音がなく静か
・衝撃・振動に強い
・発熱が少ない
といった、様々なメリットを備えています。
一方で、SSDには
・HDDよりも高価
・HDDと比較し、保存容量が少ない
といったデメリットもあるため、注意が必要です。
なお、SSD搭載ミラーリングパソコン「ベルポート」はクライアントモデルにSSDを、パーソナルモデルにはSSDとHDDの双方を採用しています
このことにより、高速でありながら、大容量という、優れた機能を実現しました。