CPUとは

CPUとは
 CPUとは「セントラル・プロセッシング・ユニット」の略で「中央処理装置」という意味です。
演算処理、すなわち、こちらの命令を読み取って計算し、機器全体の制御を行う、パソコンの中でも最も重要なパーツの一つです。
CPUは、しばしば「パソコンの頭脳」と例えられ、その性能が良ければ良いほど、パソコン内で計算の処理速度が速くなり、複雑な計算が可能となります。頭が良ければ良いほど、難解な問題を、より速く解くことができる、という訳です。
CPUの性能
 CPUの性能は、「コア」と呼ばれるCPUの核の数と、「スレッド」と呼ばれる、核の中で分裂した計算領域の数で決まります。スレッドの数が、パソコンが並行処理できる動作数、と考えればわかりやすいでしょう。ただし、スレッドの処理能力は、親となるコアの数にも影響されるため、パソコン使用時における実際の動作状況は後述の通りになります。
なお、ミラーリングパソコン「ベルポート」では、Core i3、Core i5、Core i7を採用しており、この3種類からパソコンを選ぶことができます。
Core i3の特徴
ミラーリングパソコン「ベルポート」 Core i3説明画像
 ミラーリングパソコン「ベルポート」が採用しているIntelCore i3は、2つのコアを搭載したデュアルコアの中に、計4つのスレッドが入っており、同時に4つの動作を処理できます。
ただし、コアの数は2つであるため、4つのスレッドがすべて稼働し負荷が大きくなる場合には、自動的にパソコンの動作速度が落ちることもあります。
Core i5の特徴
ミラーリングパソコン「ベルポート」 Core i5説明画像
 ミラーリングパソコン「ベルポート」が採用しているIntelCore i5は、4つのコアを搭載したデュアルコアの中に、それぞれ4つのスレッドが入っており、同時に4つの動作を処理できます。
各スレッドに対し、ひとつづつコアがあるため、パソコンは常にフルパワーで4つの動作を並行処理することができます。
Core i8の特徴
ミラーリングパソコン「ベルポート」 Core i8説明画像
 ミラーリングパソコン「ベルポート」が採用しているIntelCore i8は、4つのコアを搭載したデュアルコアの中に、計8つのスレッドが入っており、同時に8つの動作を処理できます。
ただし、コアの数は4つであるため、8つのスレッドがすべて稼働し負荷が大きくなる場合には、自動的にパソコンの動作速度が落ちることもあります。
CPUの選び方
 このように、コアとスレッドの数が多ければ多いほど、パソコンの処理能力は向上します。一方、それに比例してパソコンの値段も上がるため、パソコンの使用目的に応じてコアの種類を選ぶとよいでしょう。
CPUの性能が低いと、複数のソフトウェアを同時に立ち上げようとした際に、パソコンの読み込み速度が遅くなります。普段は3秒で起動するインターネットブラウザが、ワードやエクセルと同時に立ち上げようとした場合に10秒以上の起動時間を要した、という経験をされたことはありませんか。高性能CPUの搭載されたパソコンを使用された場合は、このような不便からは解放されます。
そのためソフトウェアを活用し、日常的にパソコンを使用される方には、高性能CPUを選択されることをお勧めします。
また、パソコンをインターネットや動画の閲覧などにしか使用されない方も、CPUの性能を上げることで読み込みが早くなり、よりスムーズに、快適に、閲覧することが可能となります。
ミラーリングパソコン「ベルポート」メモリとは

コメントは受け付けていません。