NASとの違い

ミラーリングの種類

 ミラーリングとは、データを記録装置へ保存する際、複数の別の場所に、全く同じデータを同時保存する技術のことです。ミラーリングを行っておけば、それまで使用していた記録装置のデータが壊れて読み出せなくなったとしても、もう一方の記録装置からデータを復旧させることができます
 ミラーリングには、大きく分けて3つの方法があります。
1つ目が、ネットワーク上で行うミラーリングです
2つ目が、ソフトウェアを使ったミラーリングです
3つ目が、ハードディスク(HDD)を用いたミラーリングです。この方法では、「RAID」と呼ばれる技術を用い、RAID1ディスクを使って、2台のハードディスクにデータの同時に書き込みを行います。
  SSD搭載ミラーリングパソコン「ベルポート」は、このハードディスクを用いたミラーリングを行います
 

NASとの違い

 ネットワーク上に設置する外部記憶装置としてNASが使われるようになりました。
SSD搭載ミラーリングパソコン「ベルポート」のNASとの違い
 NAS(Network Attached Storage )とは、簡易なコンピュータ本体にハードディスクやSSDなどの記憶装置を搭載した、ファイルサーバ専用機のことを指します。NASでは、記憶装置をネットワークに直に接続したように、データを他のパソコンと共有して読み込んだり書き込んだりすることができます。
 この、ファイルサーバ専用機であるNASも、RAID1ミラーリング機能を搭載し、データバックアップを行うことができます。しくみはSSD搭載ミラーリングパソコン「ベルポート」のRAID1ミラーリングと同等ですが、一つだけ違いがあります。それはハードディスクではなくRAIDコントローラが故障した場合のデータ復旧についてです。RAIDコントローラはミラーリング機能を働かせている部品で、故障することがあります。
SSD搭載ミラーリングパソコン「ベルポート」のNASとの違い
 SSD搭載ミラーリングパソコン「ベルポート」では多くの場合、RAIDコントローラを交換することでデータを復旧できます。一方NASはメーカの方針により、RAIDコントローラの修理と同様にハードディスク内データを消去することがほとんどです。
 社内パソコンのデータ共有を目的にNASの導入を考えておられる方は、NASではなく、ファイルサーバ(パソコン)を導入することをお勧めします。
 
RAIDコントローラの故障であっても、
HDDのデータを復旧するのがベルポートの特長です。
SSD搭載ミラーリングパソコン「ベルポート」
 

コメントは受け付けていません。