Officeの選び方


 
Office365の登場
 
 Microsoft Officeは、WordやExcelといったOfficeアプリをまとめて利用できる、クラウドサービスを開始しました。
これに伴い、Officeのインストール方法や、代金の支払い方法、利用方法などは、大きく変化することになります。
Office365は、今までのOfficeと何が違うのか、何が便利になったのか、注意することは何か、順を追って検討していきましょう。
 
Office365とは何か
 
 これまで、Microsoft OfficeはWordやExcelなどのソフトウェアについて、基本的に買い切りモデルとして提供していました。Officeの入手方法としては、購入したパソコンに最初からインストールされていた、もしくは、代理店からパッケージで購入しインストールを行う、という方法を取られていた方が、大半ではないでしょうか。
 
一方、Office365は、代理店からの購入ではなく、Microsoftとの直接契約を行う、クライド型のサービスです。Microsoftのサイト上で購入契約を行い、クラウドサービス上でOfficeを利用する、もしくは、サイトからOfficeをインストールして利用する、という方法を取ります。

 
具体的なインストールの方法は、こちらをご覧下さい。(PDFが開きます)
 
クラウドとは何か
 
 クラウドとは、「クラウドコンピューティング」の略称で、データをインターネット上に保管する使い方、サービスを指します。
 
従来、パソコンで作成したデータは、ユーザーが自分自身のパソコンの中に保存し、使用・管理していました。一方、クラウドサービスでは、データをインターネット上に保存し、自宅パソコンだけでなく会社、外出先、ネットカフェやスマートホンからいつでも閲覧、編集することができます。
 
また、クラウド上でソフトウェアを使用する場合、パソコン本体へのインストール作業や、最新版への更新作業は不要となります。
 
Office365で出来ること
 
このようなクラウドサービスを利用したOfficeでは、次のようなことが可能となります。
 
1.自宅と社内のパソコンから、同一Office文書を閲覧・編集
 
2.資料、予定表やメールを、家族、友人、同僚と共有
 
3.バージョンの異なるOffice文書を互換表示
 
4.スマートフォンやタブレット端末から、プレゼンの練習
 
5.最新バージョンのOfficeに、いつでも自動更新
 
最適なプランの選び方
 
現在、Office365には次のようなプランがあります。
・Office365 Small Business
・Office365 Small Business Premium
・Office365 Midsize Business
・Office365 Enterprize
結論からいうと、個人のお客様には、Office365 Small Business Premium をお勧めしています。
 
プランの違い
 
プラン Small Business Small Business Premium Midsize Business EnterPrise
プラン名 P1 P2 M E1 E3 E4 K1
価格
/1ユーザー
月額 \490 \1,250
年間 \4,920 \12,360 \14,760 \7,920 \21,600 \23,760 \3,960
推奨ユーザー数 1~25人 1~300人 300人~無制限
クラウド版Office ×
ディスクトップ版Office × × ×
 
個人・中小企業のお客様の場合
 
ディスクトップ版の有無がポイント
 
 Officeを個人で購入される方の多くは、推奨ユーザー数1~25人のOffice365 Small Business、Sumall Office365 Business Premiumを選ぶことになります。この2つの違いは、ディスクトップ版の有無と、メール管理機能の有無です。中でも、最大の違いはディスクトップ版がついているか否かという点に尽きます。

Office365の大きな特徴は「クラウド上でOfficeを使用できる」ことですが、クラウド版のみ使用可能なOffice365 Small Businessの場合、インターネット接続の無い環境では、Officeを使用して閲覧・編集することが出来ないという欠点があります。

そこで、問題点を補ったものが、Office365 Small Business Premiumになります。

 
クラウド版は非インターネット接続環境では使えない
 
 Office365 Small Business Premiuには、クラウド版とともにディスクトップ版も含まれています。「ディスクトップ版」とは、これまでのOffice製品と同様、「パソコン本体にインストールして使用するソフトウェア」のことです。ディスクトップ版のOfficeでは、これまでと同様、インターネット接続の無い環境でも、Officeを使用することができます。

 
以上のことから、常にインターネット接続のある環境で生活している方はOffice365 Small Businessのみでも構いませんが、クラウド上のみでしか使用できないことに不安を感じる方には、Office365 Small Business Premiumをお勧めします。

 
アップグレードも可能
 
 「Office365 Small Businessで契約したいが、クラウド版のみでは少し不安」という方は、最初にOffice365 Small Businessで契約し、後からOffice365 Small Business Premiumへアップロードすることも可能です。
 ただし、注意が必要なのは、Office365 Small BusinessからOffice365 Small Business Premiumへのアップグレードとは逆に、Office365 Small Business PremiumからSmall Businessへのダウングレードが不可能という点です。

 Office365 Small Business Premiumでディスクトップ版をインストールした後に、クラウド版のみの安いプランへ切り替えてはいけない、というのは当然といえば当然ですね。

 
メールの管理機能
 
 もう一つ、Office365 Small Businessと、Office365 Small Business Premiumを分ける特徴として、メールの管理者権限の有無があります。

 Office365 Small Business Premiumでは、管理者権限を持った人が、ほかのユーザーの使い方を管理・制限・制御することができます。コンプライアンスを重視したメールアーカイブ機能として、例えば、特定のワードを含んだメールを送信できないようにしたり、会社内で不正が行われた際に消去されたメールを復元させることができます(訴訟ホールド・インプレース保持機能)。

 他にも、組織のディレクトリや共有予定表が付いているなど、メール機能をグループで利用する際に便利な機能が備わっているのが、Office365 Small Business Premiumの特徴です。

 
 

コメントは受け付けていません。